【6】自分の気持ちを理解する

周囲からの圧力や求められる役割に対してがんじがらめになっていると、自分の気持ちを忘れてしまうこともあります。

 そもそも、自分の気持ちに意識を向けることすら、習慣化されていない人もいるでしょう。


 自分の気持ちがどうなっているのか、どんなことが不満で、どんなことが楽しくて、自分の人生をもっとよくするにはどうすればよいのか。 

 自分に意識を向けながら、相手と対峙することで、自分が目の前の現実をどのようにとらえているのかを理解できるようになります。 

 習慣化されていない人は、自分の気持ちに意識をむけることに慣れていくとよいでしょう。

たまはな

人間関係を心地よくするサイトです。 自分らしく人と関わり、それぞれの心の中に幸せの花が咲くようなステップをサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000