【10】他人に巻き込まれない

つい、困っている人に気軽に声をかけてしまう。

怒っている人の機嫌をうかがってしまう。

他人の感情的な動きにつられて、自分も動いてしまう。 

 感情が強いエネルギーを帯びていると、影響を受けてしまうことがあります。


 相手が不安に感じている、恐れを感じている、怒りを感じている、悲しみを感じているなど、相手の状態につい引きずられてしまうこともあります。 

 しかし、こうした感情のエネルギーの影響を受けずに、相手を良い状態に導くのは、かなり高度な技です。

自分がよくよく慣れたガイダンスならまだしも、自分もよくわからないことに手出しをすると、影響を受けてお互いに右往左往することになります。

 相手が強い感情を持っている時は、安易に近づかず、適切な人にガイダンスをお願いしましょう。

 もし、あなた以外に分かる人がいなければ、相手にまきこまれないことを決め、どれくらいの長さでこの話を終えるか決めてから話し始めましょう。

そうすることで、むやみに巻き込まれることを減らし、あなたの好きなことに使う時間を確保できるようになります。 

たまはな

人間関係を心地よくするサイトです。 自分らしく人と関わり、それぞれの心の中に幸せの花が咲くようなステップをサポートします。

0コメント

  • 1000 / 1000